デスクトップを整える


インストール直後の状態ではまともに使用できません。
日本語で使用できるようにするため、更にパッケージをインストールする必要があります。

その他カスタマイズについても記載しています。

ホームディレクトリ名の切り替え


 

はじめて起動した際に文字化けしたウインドウが表示されます。右がその日本語表示です。

これはフォルダを日本語へ変更するかが表示されているのですが、(K) 側を選択し、変更しないて下さい。

変更するとパネルにある Places 部分の表示がおかしくなります。

 

 

変更してしまい、英語に戻したい場合はターミナルより次を入力し、英語へ戻して下さい。

 

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

 

その後 Apps - Reload Desktop で改善できます。

 

これはバグ報告を行っているため、後に改善される可能性があります。

初回起動のメニュー

 

インストール後、はじめて ToriOS を起動した場合は、メニューが表示されます。

ここから主なパッケージをインストールしたり、設定を変更できます。

再度実行したい場合は Apps - システム - Common Tasks です。

日本語化

インストール直後は日本語フォントがインストールされていないため、文字化けしています。

Ctrl+Alt+T でターミナルが起動できます。次のコマンドを入力して下さい。

 

$ sudo sed -i 's|ftp.us.deb|ftp.jp.deb|g'  /etc/apt/sources.list

$ sudo apt update

$ sudo apt dist-upgrade

$ sudo apt install task-japanese task-japanese-desktop

 

※ ヒント - task-japanese-desktop メタパッケージは次の推奨パッケージが含まれ、一緒にインストールされます。

  • IPA フォント (明朝体・ゴシック体)
  • VL ゴシック フォント
  • Firefox ESR 版 (日本語言語ファイルを含みます。Firefox の派生だった Iceweasel から変更されています)
  • LibreOffice 日本語言語パッケージ (本体はインストールしません)
  • uim・Anthy・Mozc (日本語入力)

  fcitx-mozc をインストールしなくても、uim で日本語入力が可能です。

 

Apps - Shutdown Computer を選んで

Logout でログアウトし、再度ログインするか、Restart で ToriOS を再起動して下さい。

パネルを下に表示する

Windows や LXDE・Lubuntu などのようにパネル(=タスクバー)を下に表示したい場合は

パネルの Apps などを 右クリック し、表示されたメニューから Edit Panel または

デスクトップの背景を 右クリック し、表示されたメニューから Settings を選び、Panel を選択します。

上部 Size And Position タブを選択し、Panel Position で bottom を選択します。

OK を押したところでパネルが下に移動します。

日時表示を改善する

デフォルトの日時表示は嬉しくないですが、改善できます。

 

日時表示部分を 右クリック し、Clock Settings を選択します。

もし右クリックしてもメニューが表示されない場合は、Apps右クリック して、Edit Panel を選択し、

上部 Apps タブを選択して、Clock の項目を選択し、Configure とします。

Clock Format を選ぶと項目ができるので、 24 Hour Clock を選択して下さい。

Apps - Reload Desktop で反映されます。

右クリックのメニュー

パネル各部を 右クリック すると、通常のクリックとは異なるメニューが表示されます。

主にカスタマイズ関連の項目があります。

 

デスクトップの背景を右クリックすると、ホームディレクトリの参照、設定、背景の変更と Apps の一覧がメニューにあります。

.jwmrc を編集した際にパネル表示がおかしくなってしまった場合、パネルから Apps への操作が困難になりますが、

この場合でも右クリックでファイルマネージャやテキストエディタの起動が可能です。

Synaptic パッケージマネージャ

GUI でパッケージ管理を行える Synaptic は標準で入っています。

Apps - システム - Synaptic Package Manager です。

PCManFM ファイルマネージャ

LXDE で採用されているファイルマネージャ PCManFM が標準で入っています。

基本操作は備わっているため、問題なく扱う事ができるでしょう。

ショートカット

次のキーボードショートカットが設定されています。(下記は一部で、他にもあります)

デスクトップの背景を 右クリックSetting を選択、Keyboard を選択、
または .jwmrc を直接編集して割り当てを変更可能です。

 

※ Super = Windows 向けキーボードは Windows キー、Apple Keyboard は command・Apple キー

 

キー 割り当て
Print Screen / Ctrl+Alt+P / Super+Shift+3 画面キャプチャー (screenie)
Ctrl+Alt+T ターミナル
Ctrl+Shift+Esc / Super+Alt+Esc / Ctrl+Alt+Del / Ctrl+Esc 稼働状態表示 (htop)
Alt+Tab / Super+Tab 次のウインドウ
Ctrl+数字 デスクトップの移動
Alt+F2 / Super+F2 / Super+Space コマンドの実行 (zrun)
Alt+Space / Alt+F3 ウインドウメニュー
F11 / Ctrl+F11 / Ctrl+Shift+F / Super+Ctrl+F 全画面表示の切替